リンネル×雪肌精 和漢植物の恵みを肌に

人は古くから、植物がもつ力を健康や美容に取り入れてきました。
豊かな自然に育まれた
「和漢植物」の恵みに詳しくなって、
毎日の暮らしやスキンケアに生かしてみませんか。

vol.01

和漢植物の恵みを肌に

和漢植物の力をもっと身近に、きれいのために役立てて

最近はハーブやアロマテラピーなど西洋の植物が身近に使われるようになりましたが、日本人は古くから、植物力を健康や美容に生かしてきました。それが「和漢植物」。たとえば、ハトムギやクマザサを煮出してお茶として飲んだり、カリンの実をせき止めに使ったり。和食のアクセントとなるシソやユズ、ゴマなども、香りはもちろん、それぞれのもつ力を期待して使われています。他にも身近な植物に、私たちの知らない意外な力が秘められていることも。和漢植物についてもっと知り、生活に取り入れていけば、毎日を健やかに過ごすことができます。
「雪肌精」は、今から30年以上前の1985年、和漢植物の力に着目して誕生しました。ハトムギやトウキ、メロスリアといった和漢植物エキスを配合した薬用美肌化粧水「薬用 雪肌精」がその始まり。さっぱりとみずみずしい感触、乾燥によるくすみを防いで透明感あふれる肌に導くその効果が話題となり、たちまち人気の化粧水に。乳液やクリーム、洗顔料、そしてベースメイクと、和漢植物エキスを配合したアイテムを増やし、肌を丸ごと預けられるブランドとして定評があります。この夏は、雪の結晶が施されたデザインに目を奪われる、期間限定のフェイスパウダーも誕生。粉雪のようになめらかなつけ心地で肌の透明感を引き出します。和漢植物エキスの潤いを、まずはこのパウダーで感じてみて。

和漢植物の賢い取り入れ方|スキンケアやベースメイクで、和漢植物の恵みを毎日たっぷり肌に届けましょう。みずみずしく整って、乾燥などの環境に左右されにくい肌に。

和漢植物の賢い取り入れ方

スキンケアやベースメイクで、和漢植物の恵みを毎日たっぷり肌に届けましょう。みずみずしく整って、乾燥などの環境に左右されにくい肌に。

ふたつの和漢植物に注目!
カリンエキス
カリンの果実のエキス。カリンは古くから果実酒にしたり、せき止めの原料や観賞用に使われてきました。
ベニバナエキス
キク科の紅花から抽出したエキス。紅花には、健やかな潤いの巡りをサポートする効果が期待されています。
雪の透明感が肌に舞い降りる
スペシャルなフェイスパウダー
粉のひとつひとつをアミノ酸でコーティングし、さらに裏ごし加工でなめらかに仕上げたパウダー。肌に溶け込むようになじみ、毛穴や色ムラをカバーして透明感を際立たせます。和漢植物のカリンエキスとベニバナエキスを配合。雪肌精 プレシャス スノー SPF11・PA++ 20g ¥6,500(編集部調べ・パフ2枚つき)/コーセー(5月16日限定発売)
しっとりなめらかな触り心地のパフは、厚みの異なるものが2枚ついています。ボリュームのあるパフは自宅用。薄いパフはコンパクトに入れて携帯用に。

vol.02

体に、肌に。
滋養あふれる「ハトムギ」で、
夏を乗り切る

サラダやスープに、煮汁はお茶に。ハトムギは我が家の常備食

ハトムギにトウキ、高麗人参、ナツメ……。雑誌や広告で活躍しながら自宅で料理も開催するコウ静子さんのキッチンには、和漢植物や薬膳食材がいっぱい。「季節によって変わる体調に合わせて組み合わせ、料理や飲み物に取り入れるんです。料理研究家である母の影響で、子供の頃から体調管理と食事は切り離せないものでした。美容にいいなつめをおやつに食べたり、高麗人参などさまざまな薬膳食材を入れたサムゲタンを常食したり。夏場のキッチンにはハトムギが欠かせませんね。体の熱をとり、胃腸や肌の調子も整えてくれる効果があります。煮出したお茶を飲むだけでなく、茹でたハトムギをサラダやスープに入れていただきます」
夏場のほてった肌に心地いい化粧水「雪肌精」にも、潤して肌あれを防ぐハトムギエキスの他、トウキやメロスリアなどの和漢植物エキスが配合されています。「乾いた肌がごくごく飲み込むようになじむから、たっぷり重ねたくなりますね」とは、最近使い始めたコウさんのコメント。潤って透明感が出る、夏肌の強い味方です。

枝豆とハトムギ、フェンネルのサラダ

ハトムギ(50g)は沸騰した湯で20分程度ゆでてざるに上げ、枝豆(1/2袋)は塩ゆでしてさやから実を出す。
桃(1個)は皮をむいて一口大に切り、皿に盛る。刻んだディル(10g)、すりつぶした松の実(20g)、オリーブ油(大さじ1)、塩・こしょう(各適宜)を混ぜ、ハトムギと枝豆を加え、桃にかける。キッチンペーパーを敷いたざるで水切りしたヨーグルトを添える。(2人分)

ハトムギやトウキなど和漢植物の恵みを肌に
1985年にデビューし、幅広い世代から愛され続ける化粧水。和漢植物エキスの潤いが乾燥によるくすみや肌あれ、ニキビ、日焼けによるほてりなどを防ぐ。白濁したテクスチャーは肌にすっとなじみ、さっぱり爽やかなのに後肌はしっとり。天然香料を使用した、モダンフローラルの香り。薬用 雪肌精[医薬部外品]200ml ¥5,000

Beauty Column コウ静子さんの近況

食材や器、自然の恵みと触れ合う日々を過ごしています

① 韓国へ蓮の花と葉を摘みに行き、持ち帰った蓮の花と葉。直径40cmほどの専用の茶器で、花を開かせ、お茶を楽しみます。花と葉のそれぞれに、体に作用する効能があると言われています。神秘的な香りに包まれて、特別な時間が流れるひとときです。

② イベントで訪れた山形はちょうど田植えのシーズン。田植機に乗り、体験をさせていただきました!

③ 料理教室で使ったり、スタジオで取り扱う器をオリジナルでオーダー。白磁作家さんと相談しながらデザインを決めます。

vol.03

守っていきたい地球環境。
植物がそれを教えてくれる

無農薬で育った自然のままの花って、すごくかわいいんです

「日常花」をコンセプトに暮らしに取り入れやすい花アレンジを提案し、本誌でも大人気の平井かずみさん。手近な器にさらっと挿しただけでもニュアンスが出て、おしゃれ感たっぷりになるのが平井さんのアレンジの魅力。それがセンスの賜物であるのはもちろんですが、あえてコツを伺うと「自然を愛おしむこと」という言葉が帰ってきました。
「花材は主に、日本で無農薬で育てられたものを取り寄せています。自然のままの不ぞろいな花って、すごくかわいいんです。向きやサイズなどの個性を生かして飾るだけで味わいが出るから、難しいテクニックも知識も不要です」
飾る花のかわいさに気づいたら、次は周囲の自然の美しさにも目を向けてほしい、と平井さん。
「街を歩くときは顔を上げて、スマートフォンでなく景色を眺めましょう。都会の中にだって、花や緑は意外とあるんだなと気づくはず。美しい日本の自然を愛おしむ気持ちがあれば、むやみにゴミなんて捨てられない。大地や海、地球環境を守ろうという意識へとつながっていくはずです」

大小のあじさいを主役にした、可憐なしつらい。矢車菊とニゲラ、ハゴロモジャスミンも合わせて花器にバランスよく挿し、白山吹の葉、斑入りのあじさいの葉を周囲にあしらいます。

雪肌精が続ける、
海のサンゴを守るプロジェクト
ハトムギなど和漢植物エキスの潤いを詰め込んだ化粧水「薬用 雪肌精」は、未来の自然を美しくする「SAVE the BLUE プロジェクト」を続けています。暑い季節にたっぷり使える、大容量の限定ボトルをはじめとする「雪肌精」の対象アイテムを購入すると、製品の底面積分、沖縄の海にサンゴを埋める育成活動に貢献できます。薬用 雪肌精 スーパービッグ(SAVE the BLUEボトル)[医薬部外品] 500mL ¥9,000/コーセー(限定発売)
雪肌精の「SAVE the BLUEプロジェクト」は、今年で9年目。これまでに植えたサンゴの面積は、25m公認プール20個分にも達しています。

『SAVE the BLUEプロジェクト』詳細はこちら

Beauty Column 平井かずみさんの近況

都会でも自然の中でも、植物を愛おしむ気持ちは同じ

① 自由が丘で主宰している「café イカニカ」。早いもので、立ち上げて8年がすぎました。この場所を通して、たくさんの出会いと幸せをもらっています。

② 北海道・洞爺で、7月にハーブリースのワークショップを開催しました。香油を作ったり、リースとお菓子のマリアージュを楽しんだり。こういったイベントは私自身も勉強になります。

③ 愛犬カノンです。今年の8月で16歳になる、家族の宝物。カノンと一緒に道端の草花を愛でながら、毎朝散歩を楽しんでいます。

page top

和漢植物の力を知る